コンパ費用って交際費?

MILLSでは今期からフィロソフィーコンパと〇〇キャンペーンコンパ費用を予算化します。

でも社内コンパ費用って交際費なの?

交際費って何?

交際費とは、法人がその取引先等の接待等の為に支出する費用をいいます。

法人は営利目的で事業活動を行っています。したがって、法人が支出する費用はその対価として利益を目的としています。法人が利益を稼ぐことで納税が発生しますので、国もある程度の支出までは課税しない処置を施しています。

コンパ費用は交際費なの?

交際費になるかならないという考えは、税務上の話でしかありません。

経理上、会社が事業活動で支出した飲食等の費用は、法人がその支出を経費と認めれば交際費になりますが、税務上、ある規定を充たさなければ損金と認められません。その観点からすれば、コンパ費用は、法人の取引先への支出でない為、税務上交際費として認められません。

交際費として是認されるには

簡単に言えば、国は交際費として800万円まで損金として認めています。

損金とは、税金を計算する時に経費として利益(収益)を減らすことができることを言います。

交際費として認められるには、下記の記載と一人当たり5,000円以下であることが必要です。

(1)支出した日

(2)支出した取引先

(3)その参加メンバー

(4)その参加人数

交際費にならない理由は

交際費として認められる800万円(ほとんどの法人が該当する規定)は、法人の資本金等(簡単に言えば資本金)によるものです。国も中小企業(税務上、資本金1億円以下)に対しては、優遇処置を施しています。

しかし、法人規模(資本金等)を超えるものに対しては、常識の範囲として認めざるを得ないとしています。それが800万円となります。

『おたくの事業規模でその支出は事業活動で必要ですか?』ということです。

MILLSのコンパ費用

MILLSには7つの会計原則があります。

その1つに『1対1の原則』があります。これは、その支出にはどのような意義と価値があるかが基準になります。

しかし、コンパ費用には具体的な『1対1』が存在しません。コンパ費用に求めるものは、『良好なコミュニケーション』です。

人は、理屈だけでは理解できないことがあります。それは『感情』というものが存在するからです。

MILLSは、そのようなことの為にコンパというものを推進しています。

まとめ

私が会計の世界に入って間もない頃、上司から『税法(法律)でわからないことがあれば、常識で判断すれば間違いはないよ』と言われました。

法律は、世の中の常識であったり、公平性の上で成立 してきています。

それに反するような考えを持つことが、認められない原因になります。

コンパ費用が交際費になるかならないを考えるよりも、それ以上のものが得られるものがコンパ費用などだと思います。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!