電話応対のうまくいく第一声のポイント

みなさんこんにちは

㈱MILLSまるいち宅配センター コールセンターの佐藤と申します。

今回は電話応対のうまくいく第一声についてご紹介させていただきます

電話応対は第一声で決まる

まず電話応対は第一声でほとんど決まるといっていいほど大切なポイントです。

会社名をしっかり名乗り、相手に好印象に伝わる様にしていきましょう!!

明るく・元気に・はきはきと・ゆっくり・丁寧に・適量で応対します

電話応対の第一声の言葉

<お電話を受ける場合>

①3コール以内・午前10時頃まで

おはようございます○○(会社名)でございます。

②3コール以内・午前10時以降

お電話ありがとうございます。○○(会社名)でございます。

③3コール以上・いつでも

大変お待たせいたしました○○(会社名)でございます。

<こちらからかける場合>

①午前10時頃まで

おはようございます。朝早くから失礼いたします。○○(会社名)の△△(自分の名字)と申します。

②午前10時以降

お忙しいとろこ申し訳ございません。○○(会社名)の△△(自分の名字)と申します。

心を添える

電話応対は対面ではない為、相手の顔が見えません。

重要なのは言葉のキャッチボールです。

相手を思い、良好な関係を構築するにも配慮が必要です。

取り次いでもらった相手がでられた際は、

お忙しい中すみません、今お時間よろしいですか?などと一言添えてお話しを進めると、相互理解が生まれ、良好な関係が築けると思います。

どの様な状況でも相手を気遣うという事を忘れずにしましょう!!

まとめ

第一声に心を込めて電話応対していきましょう。

迅速に、正確に、社名の名乗りはシンプルに。

まずは相手に好印象をもってもらい、そこから今後のコミニュニケーションが円滑に行くと思います。

ぜひ実践してみてください

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

佐藤雅世

コールセンターの佐藤と申します。
私はお客様とお話しする事が大好きです。
私達は日々のお客様の配達で感じられてる事や健康状況などを伺いながらお客様により健康サポートできるご提案ができればと思っております。問合せ内容からよりご満足頂ける様、関連部門と連携を取りながら対応させて頂いております。宅配を通じで嬉しかった事、時に苦言を頂く事もありますが、お電話を切る際は笑顔でありがとうと言って頂ける事にやりがいを持って日々対応させて頂いております
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!