今年は2回あるぞ!夏土用の丑の日。明日は二の丑”。 ウナギとチーズの手巻ずしで食欲増進しちゃいましょう!

こんにちは。連日最高気温が体温を超える酷暑が続いていますが、皆さんご無事でしょうか?

ミルズまるいち宅配センターの竹部です。

ふと、カレンダーを見れば今日は7月の最終日。そして、明日は今年の夏は2回ある土用の丑の日の”二の丑”です。土用の丑の日と言えば”ウナギ”。ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。
夏バテ防止にはピッタリの食材です。

今回は、小さなお子様からお年寄りまで、みんなで楽しくワイワイと食べやすい手巻き寿司で”ウナギ”を美味しく頂くメニューです。

ウナギとチーズの手巻きずし

うなぎとチーズの手巻き寿司

栄養価/1人分

エネルギー498kcal
たんぱく質21.0g
カルシウム185mg
食塩相当量2.1g
調理時間20分

材料(4人分

* 米                    2合
*すし酢
       酢                      大さじ3
       砂糖                     大さじ1
       塩                      小さじ1/2
 *うなぎの蒲焼き     1枚
 *明治北海道十勝スライスチーズ  4枚
 *きゅうり        1本
 *厚焼き卵(市販品) 1cm幅の棒状4切れ
 *海苔(半切)      8枚

作り方

【下準備】米は洗って30分程度浸水させ、やや少なめの水でかために炊きます。

 1) すし酢の材料を混ぜて砂糖と塩を溶かします。炊き上がったごはんに加えて手早く切るように混ぜ、粗熱を取ります。

 2) うなぎの蒲焼きは1cm幅に切ります。スライスチーズは斜め半分に切ります。きゅうりは細切りにします。

 3) 海苔を横長に置いて右半分にすし飯の1/8量を薄く広げます。チーズ、きゅうり、厚焼き卵、うなぎの順にのせて巻きます。

一言メモ

滋養強壮の代表格であるウナギと、栄養価の高いチーズ。どちらもコクが強いので、ぶつかりそうな気がしますが、意外にも、双方の持ち味が消えずバランスよく調和します。濃厚で芳醇なウナギと、チーズのうまみがいい具合に混ざり合い、相乗効果のおいしさが口の中に広がります。さらに、お酢は食欲増進につながることから、暑さで食が進まない方でもサッパリとして食欲が増すこと請け合いです。

 また、”手巻きずし”というスタイルは、食卓を囲み、みんなで楽しくワイワイ巻けるということから、お子さんが「はい、お父さんの!」「今度はお母さんの巻いてあげるね♪」など、張りきって巻いてくれる姿も見れるかもしれませんね。楽しい食卓になればなるほど、食欲は増すもの。時には、そんな食卓の雰囲気を演出して、夏バテ解消につなげてみてはいかがでしょうか? 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

竹部直美

当店で宅配牛乳をご利用頂くお客様に「いつまでも楽しく、喜んでご利用頂きたい!」そんな思いから、お役立ち出来るサービスの提供を追及しています。私は、誰よりも美味しい物・珍しい物が大好きで、実際に食べたり、使ったりして良かったものだけを大切なお客様にお伝えすべく、チラシにしてご紹介して販売につなげています♪               
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!