事業計画書の作り方について

MILLSでは毎年7月に事業計画会議を開催しています。また8月には金融機関および主要取引先への事業計画報告会も開催しております。

事業計画書は会社が今年取り組んでいく事業計画と計画目標がまとめられており、全社員の共有と達成に向けて取り組んでいく為に必要なものになります。

事業計画書の作成の目的

事業計画を作成する目的は大きく3つ挙げられます。

①全社で目標を共有する。

事業計画書は経営者が会社をどのようにしていきたいかを示したものです。

よって一部の社員だけでなく全社員が計画に対しての理解と計画達成に向けた行動が必要になります。

しかし、実際に経営をスタートさせてからでも、月次ごとに計画が達成されないことがあります。そのような場合は、計画と実績との乖離の原因を早く知り、対策を打つ必要があります。

②金融機関からの融資

金融機関が会社にお金を貸してくれるかどうかは、会社が貸したお金を返してくれるかだけです。

『頑張って返します』と言っても信用できません。どのような施策計画で、どの位儲かるから返せます。がないといけません。事業計画書が返済の根拠となって金融機関は信用してくれるのです。

③取引先からの理解・協力を得る

会社が事業を成長させていくには、関係する取引先の協力が必要不可欠です。

事業計画書は経営者の考え方と会社をどのようにして行きたいのかを表していますので、それに共感と協力をしてもらう必要があります。会社と取引先はWIN-WINの関係にならなければなりません。

事業計画書の作り方

①経営者の経営理念を示す

事業計画書は、まずは経営者が目指すべき数値計画・目標を掲げます。

経営者は一年単位だけでなく中長期の会社のあるべき姿を描いています。その為には今年一年どこまで会社を成長させる必要があるかが事業計画書になります。

②具体的な施策を考える

事業計画書は数字の羅列でしかありません。なのでその数字の根拠となる具体的な施策が重要になります。

計画目標を達成する為にそのような施策といつそれを実現することが必要かを考えることが必要です。

③実現可能な計画を作る

計画目標をつくるだけであれば簡単につけれます。しかし計画は達成しなければいけません。

確かに計画が達成されないことで計画未達要因がわかり次への課題ということも言えますが、上記の目的にもありますが、金融機関や取引先は事業計画書を信用して協力してくれます。計画が達成されなければその信用も失う恐れがあります。

④何度も検証する

計画書は会社の現状を把握して作成する必要があります。その為には現状分析を何度の行い、また計画書が出来ても現状からして実現可能なのかを何度も検証することが重要になります。しかし、現状のことばかり考えてしまうと計画そのものが緩い内容になってしまいがちです。実現可能でかつ成長発展していける内容なのか何度の検証することが重要です。

まとめ

ミルズでは7月の全社計画会議と8月の取引先への計画発表会を開催しています。事業計画を発表することでより緊張感の

ある事業計画作成になります。そして計画を達成する為にどのような施策・行動が必要なのか考えることもできます。

会社は事業を継続・発展させることを目的としています。その目的達成の為のツールの一つが事業計画書になります。

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!