キャッシュフロー計算書の見方

長年日本では貸借対照表、損益計算書が重要な財務諸表とされてきましたが、1990年頃から欧米諸国でキャッシュフロー計算書(C/F)の作成が制度化されると日本でも2000年3月期から上場企業では作成が義務付けられるようになりました。キャッシュフロー計算書(C/F)は会社の現金の流れを表した財務諸表でどのようにして現金が残ってきたのかがわかります。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書は会計期間中の現金の流れを数値で示した書類です。
会社の手元の現金がどのようにして残ったのかがわかります。
損益計算書は会計期間中の損益を表した書類ですが、損益計算書で利益がプラスでも手元に現金が無い場合があります。このような状態では会社は存続することができません。いわゆる『黒字倒産』ということになります。
キャッシュフロー計算書は資金の流れを「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つに分けて表し、貸借対照表、損益計算書に次ぐ重要な財務諸表になります。

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローでは本業での現金の流れを知ることが出来ます。
記載方法は「直説法」と「間接法」の2つがあります。
「直説法」は主要な取引ごとに総額を示すので詳細に流れを把握することができます。簡単に言えば現金で取引をしている様に表示しています。

【営業活動によるC/F】
営業収入        ****
商品の仕入れ支出   -****
人件費支出      -****
その他営業支出    -****
《小計》        ****
利息の受取       ****
利息の支払      -****
法人税支払      -****
営業活動によるC/F  ****

「間接法」は税引前利益をスタートに利益と現金残高の差異を表示しています。直説法よりも作成は容易ですが、営業キャッシュフローを構成するキャッシュ項目を直接把握することはできません。

【営業活動によるC/F】

税引前当期利益     ****
減価償却費       ****
貸倒引当金の増加    ****
受取利息       -****
支払利息        ****
棚卸資産の減少     ****
仕入債務の減少    -****
《小計》        ****
利息の受取額      ****
利息の支払      -****
法人税等の支払    -****
営業活動によるC/F  ****

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動におけるキャッシュフローでは主に固定資産などの取得や売却をした時の流れを表します。
会社は営業活動の為にはまた成長発展して行く為には固定資産への投資は必要ですから、優良企業や成長企業の投資活動によるC/Fはマイナスの場合が多いです。

【投資活動によるC/F】
有形固定資産の取得による支出   -****
投資有価証券の取得による支出   -****
貸付金の増加による支出      -****
投資活動によるC/F         ****

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローでは銀行などからの借りたお金と返済を表します。
通常は借りたお金は返済しますので財務活動によるC/Fはマイナスになりますが、成長している会社は設備投資の為にお金を借りたりしますのでプラスになる場合があります。

【財務活動によるC/F】
短期借入金の増減額      -****
長期借入金による収入      ****
長期借入金の返済による支出  -****
財務活動によるC/F             ****

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは『会社が自由に使える現金』のことです。営業C/Fと投資C/Fの合計額になります。
フリーC/Fがマイナスであれば、営業C/Fを増やすか投資C/Fを減らすかはたまた銀行から運転資金を借りるかつまり財務C/Fをプラスにするかです。
フリーC/Fが多いほど経営状態は良好と言えます。

まとめ

会社が存続して行く為には現金が必要になります。どんなに利益がプラスであっても仕入代金や経費の支払が出来なければ会社は倒産してしまいます。キャッシュフロー計算書は手元の現金がどのようにして残ってきたのかを示した書類ですので、今後会社が現金を増やしていくにはどのようにして行けば良いかがわかります。中小企業ではキャッシュフロー計算書を作成するケースが限られていますが、定期的に作成することで会社の資金の流れを把握することは大変重要です。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!