資金繰り表って何?

資金繰り表とは

資金繰り表は会社のお金がどのように流れてきたのか、売上債権などいつ入金されてくるのか、または取引先などにいつ支払いが必要なのかがわかる表で、会社が資金不足にならない為に必要なものです。
月末でどんなに現預金が残っていても、支払日に支払金額以上に現預金が手元になくては支払うことができません。手元に現金がない場合は、銀行などから一時的に借り入れする必要があります。

資資金繰り表の作成

資金繰り表はとくに決まったフォーマットはありません。月間、年間の資金繰り表を作成しておくと良いでしょう。
月間の資金繰り表では主に毎月決まった取引先、銀行への返済の資金繰りになります。支払日前日までに支払い金額以上の現預金があるかを確認します。
エクセルなどで月間のカレンダーを作成して、月初の現預金残高、入金日、入金予定金額、出金日、出金予定額を記載します。
支払日に現預金残高が不足するようであれば、銀行などから短期で借入をする必要があります。
月間の資金繰り表は会社の支払い日以外にも、リース料、家賃の支払いなどもあると良いでしょう。支払いは1円でも足りなければいけません。
年間の資金繰り表は月間の資金繰り表より詳細でなくても良いです。
月間で作成される売上債権などの入金金額や仕入、諸経費などの出金金額のおおよその金額を記載します。そこにその月にしか入金、出金されるものを加えます。
入金されるものは、会社の業種などによって異なるはずです。建設業などは日々の入金というよりも月、年単位で入金されることが通常です。反対に出金は給与や毎月の固定費もあれば、取引先への支払いは特定の月に多額の支払い発生することがあります。
特定の月に出金されるものとして、固定資産税、自動車税、労働保険料、法人税、消費税などがありますが、会社によっては他にも特定の月に出金がされるものがあると良いでしょう。

 資金繰りを良くする

資金繰り表は将来の入金、出金を予測し現金不足にならないようにする為のものですが、作成して銀行などから借入して支払っているだけではいけません。月末には最低2ヶ月位の月の出金額の残高があると良いでしょう。
会社の資金の流れを資金繰り表で把握できれば、売上債権の入金サイトを短くすることや反対に支払いサイトを長くすることで資金繰りを良くする対策が必要です。
通常資金管理をしっかりとしないと売上債権などの入金サイトは長くなりがちです。しかし支払いサイトは変わりませんし、反対に短くなることもあります。
日々資金の状況を把握しておくことが必要です。

まとめ

資金繰りは経理にとってとても重要な仕事で絶対に間違いがあってはいけません。会社の資金の流れを経験で把握しておくことで充分なことが多いですが記憶だけでは非常に危険です。突発的な支払い、特定月の支払いの記憶違いなどケアレスミスの恐れがあります。経理全般に言えることですが、日々管理しておくことが一番のリスク管理になります。支払い日前日にようやく資金付けをしていては会社経営は失格です。資金繰りに余裕を持ち、事業活動に専念できるようにしておきましょう。

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!