流動比率と当座比率で資金の安全性がわかる?

会社の資金の安全性をはかる指標には流動比率と当座比率があります。

流動比率とは

流動比率とは流動資産と流動負債の金額を比較して会社の短期的な支払能力を判断する指標です。

流動比率(%)=流動資産/流動負債×100

流動資産に含まれるものは、現金、預金、受取手形、売掛金、棚卸資産、前払費用など1年以内に現金化できるものです。
流動負債に含まれるものは、買掛金、未払金、短期借入金、預り金、前受金など1年以内に支払う必要があるものです。
流動比率が100%以下ですと会社が1年以内に支払う金額が手元にない、ということになります。
理想的な数値は200%以上ですが150~200%が平均的と言えます。
しかし、流動資産には実際に現金化できないものが含まれている可能性があります。回収見込みのない売掛金、紛失したまたは価値がなくなった棚卸資産などがあります。また流動資産は決算または月末などの時点での指標になるので売掛金の入金と買掛金などの支払のタイミングによっては指標が必ずしも実態を表していると言えません。

当座比率とは

当座比率とは当座資産と流動比率を比較して会社の短期的な支払能力を判断する指標です。

当座比率(%)=当座資産/流動負債×100

当座資産は現金、預金、受取手形、売掛金でより換金性の高いものです。
当座比率は100~120%が理想的で、80%以下ですと支払能力に問題があります。

まとめ

会社の支払能力をはかる指標としては流動比率と当座比率が代表的なものになります。理想的な数値や平均的な数値もインターネットなどで知ることができます。自分の会社がどれくらいの数値になるか計算してみると意外な結果がでるかも知れません。どんなに指標が良くても実際の資金繰りが苦しいかも知れませんし、その逆もあります。その場合何故そのような結果なのか検証する必要があります。回収されずにいる売掛金であったり賞味期限の切れた商品在庫があったりしては、数値はよくなりますが実際の資金繰り、支払能力はないことになります。指標はあくまで指標でしかありません。その数値から課題問題点を探ることがとても重要になります。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!