営業のコツ『「目的」と「目標」が明確だと行動が変わる!』

今日のテーマは『「目的」と「目標」が明確だと行動が変わる!』です。

先日、あるリーダーと苦戦しているメンバーの話をしていた時のこと。

リーダー 「A君は先月から調子悪くて、今月も厳しいですよ」

私     「確かにこのままだと目標の半分もいかないな・・・」

リーダー 「そうなんですよ!今月は目標を達成するとコミットしてくれたんですけど。」

私     「ところで、A君の目的は明確になっている?」

リーダー 「目的ですか?」

私     「目的と目標は似ているのだがニュアンスが少し違って・・・・」

リーダー 「・・・・・・・?」

私     「以前話したことがある、何故この仕事をしているか?つまりWHY?」

リーダー 「覚えています!目的を実現するために目標を達成することですよね!」

私     「そう。この間は仕事をしている目的だったんですが、行動も同じように考えるといいよ。」

リーダー 「はぁ」

私     「営業トークにしても、行動にしても目的と目標が理解できていないとダメなんだよ。」

リーダー 「・・・・・・・?」

私     「行動が、とりあえずに、なってしまう。目的と目標が明確だと行動の必要性がわかってくる!」

ちょっとした立ち話が長くなってきた・・・・・・。

「目的」と「目標」の違いは?

「目的」とは、「WHY」

「目標」とは「HOW」

つまり

「目的」は、「何故、どうなりたい、どうしたいから、この仕事(行動)をするのかという

「目標」とは、「目的のためにどうやるか、数値の場合も」ということ。

この目的と目標が明確になっていると行動も明確になってきます。

少し例を出すと

【目的】 お客様に喜んで笑顔になっていただく

【目標】1回目で商品を売らない、安心、信頼をしていただく。

その為には、どうすればいいか?

コミュニュケーション、その為には気遣い、その為には笑顔が大切?とか

目的の為に小さな目標が出来てくる。

何の為に、何故を理解しているとひとつひとつの行動に意味がでてくる。

常に目的を明確にすることによって、目標が明確になってきます。

目標が明確になれば、行動も明確になります。

つまり、

「目的」と「目標」が明確だと行動が変わってきます。

リーダー 「なるほど~!」

私     「以前に何の為に働ていますか? について話したことがあるけど、覚えている?」

リーダー 「覚えています。」

私     「その時は、目標を達成することで目的が実現できるということだった。」

私     「それの行動バージョンとして置き換えて考えれば一緒。」

目的と目標をセットにしておくことで、行動が明確になり、最終的に何の為に働いているのか?実現できる。

「目的」と「目標」を明確にすると行動が変わります。

 実践していきましょう。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
田辺圭資

田辺圭資

社会人になってず~と営業畑で30年以上頑張っています。
MILLSでは営業1課メンバーが集中し円滑に業務が遂行できるように
ソフト面、ハード面を整備、改善することに力を注いでます。
その他にMILLSのファンをより多くするために、我々と一緒に走ってくれる仲間を求め続け、MILLS、従業員、お客様の幸せの為に頑張ってます。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!