正三尺玉 フェニックス 日本一の花火 長岡花火大会のご紹介

みなさんこんにちは ミルズの木間です。
ミルズの本社がある長岡市では毎年8月2日と3日の2日間で長岡まつりの花火大会が
開催されますが地元の人たちにとっては「自称 日本一」と言う自慢の花火大会です。
今回は長岡花火大会についてご紹介します。

 

長岡花火大会

 

長岡花火大会は「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」で2018年度は1位となりました。

2日間で2万発の花火が打ち上げられ県内外より100万人を超える方が観覧に来られます。

長岡市の真ん中を流れる信濃川の広大な河川敷で打ち上げられるので

街中でありながら大きな花火を観覧することができます。
数年前に花火大会が土日に重なったので全国の優秀スタッフを

本社に招待して屋上から花火を観覧しました。

長岡花火大会は戦争と震災からの復興祭

 

長岡花火大会は、昭和20年8月1日の長岡空襲で亡くなった1486名の鎮魂を祈願するための

長岡復興祭と言われて、あわせて2004年に発生した中越地震の復興祈願としての位置づけもあります。
私の家も地震で土台が傾き風呂場も全壊したので1週間車で寝泊まりした経験があり、
昨今の震災の報道を見ていると他人事とは思えません。

正三尺玉の衝撃とナイアガラ花火の大瀑布

 

長岡花火と言えば「正三尺玉」(しょうさんじゃくだま)です。

花火の玉の大きさは直径90cmで重さは280kgもあり、打ち上げられる高さが600メートル、

開いた花火の大きさも550メートルと規格外の大きさです。

三尺玉が開いた時の空いっぱいに広がる花火の大きさと

その爆音で建物が震える程の大音量は何度見ても感動します。

また「ナイアガラ花火」の大瀑布が650mにわたり

長生橋と大手大橋から信濃川流れ落ちる光景も壮観です。

復興祈願フェニックス花火

 

復興祈願として打ち上げられる「フェニックス」と言う超大型ワイドスターマインですが、
約2kmの間隔で10か所以上から同時に3分間上がり続けるとにかく凄い花火で、

何度被害にあっても不死鳥(フェニックス)のように蘇ると言うメッセージが込められています。
フェニックスは平原綾香さんの楽曲ジュピターに合わせて打ち上げられますが、

これは中越地震で家屋を失い仮設住宅で暮らす方たちがジュピターの歌詞に

共感を受けてラジオにリクエストが多く寄せられたことから

花火打ち上げの楽曲に選ばれたそうです。

まとめ

 

大会中は交通規制で道路もします。

お越しになられる際は滞公共機関のご利用をお勧めします。
また期間中長岡市近隣は宿泊施設の予約が一杯になるので

お泊りは方は少し離れた新潟市や湯沢町の宿であれば宿泊予約が可能なようです。

写真引用元
http://junichi-m.com/camera/nagaoka-hanabi/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!