栃尾名物ジャンボあぶらげのご紹介

こんにちは ミルズの木間です。
先日お休みされたスタッフの代わりで、

長岡市の栃尾コースの配達に行きました。
栃尾と言えばなんといっても「ジャンボあぶらげ」です。

油揚げでなく栃尾では「あぶらげ」です。
最近全国放送のご当地番組でも取り上げられました。
今回は栃尾の「ジャンボあぶらげ」についてご紹介します。

 

栃尾について

 

栃尾は長岡駅から車で30分程の山間地にあり

長岡市の中でも特に豪雪地域に当たります。

戦国武将の上杉謙信が幼少期暮らしていたことも有名です。

2006年の市町村合併で長岡市に編入されました。
栃尾は私の父親の出身地で本家とお墓があり慣れ親しんだ地域です。
子供のころはお盆やお正月には栃尾の本家に親戚一同が集まりましたが、
祖父祖母も亡くなった今はお墓参りに行くだけになりました。
久しぶりに栃尾の街中を回ってみると

昔気づかなかった「あぶらげ」の看板が多く目につきました。

 

栃尾のジャンボあぶらげ

 

「栃尾のジャンボあぶらげ」は一般的な油揚げの3倍の大きさで、
長さ20㎝ 幅8㎝ 厚さが3㎝もある厚揚げのような油揚げです。
県外からお越しになったお客様と長岡市内で会食するときは、

どの居酒屋にも「ジャンボあぶらげ」が置いてあるので必ず注文します。
食べ方のバリエーションは色々ありますが「栃尾の油揚げ」で検索すると

クックパットに沢山の調理方法がでてきます。
お土産で頂いたり購入して家で食べることがほとんどですが、
一番のお勧めはお店で揚げたてをその場で食べることです。

 

揚げたてのあぶらげを食べました

 

休憩で「道の駅ルート290とちお」に寄りました。

道の駅建物入口の向かって右側に創業100年の老舗豆腐店

「佐藤豆腐店」の出店(でみせ)があり、ここで揚げたての

「ジャンボあぶらげ」を購入することができます。
メニューは「プレーン」「ネギ」「キムチ」の3種類です。
「キムチ」も気になるのですが午後の配達があるので「ネギ」にします。
注文をすると店員さんがあぶらげを1枚ずつ丁寧に揚げてくれます。
揚げあがると一口サイズにカットしてネギと鰹節をパラリと振って、
「醤油をかけて熱いうちに召し上がりください」と手渡してくれます。
ネギ乗せは300円 醤油をたっぷり、お好みで七味をかけます。
揚げたてなのでアツアツ 外はパリッと中はふわっとして

皮の香ばしさと豆の風味が絶妙のおいしさです。

慌てて食べて口の中をやいてしまいました。

さあ、暗くなる前に配達終わらそう。

 

 

まとめ

最近「栃尾のジャンボあぶらげ」は全国的にも有名になり
県外のスーパーなどでも販売しているそうです。

栃尾観光協会の紹介では16店舗ものあぶらげ店があります。

ほとんどの店が揚げたてを店内で食べられるようです。
おぼろ豆腐とかもお勧めです。

ちなみに佐藤豆腐店では全国発送可能です。

http://www.aburaage.co.jp/

 

 

栃尾観光協会
http://tochiokankou.jp/bussan/aburage.html

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!