テレフォンアポインターとしてのモチベーション

みなさんこんにちは。

㈱MILLSまるいち宅配センターの佐藤と申します

今回は当社で、以前に宅配をご利用頂いたお客様へ新商品のご紹介やキャンペーンなどのご案内のお電話をしている部署があります。

それは、テレフォンアポインターといい、こちらから営業のお電話をしていく部署となります。

外回りの営業とは違い、デスクワークになります

モチベーション

以前ご利用のお客様のリストがあり1件ずつ営業電話をしていきますが、お客様の声のトーンや会話だけで興味があるかどうかの判別を致します。

外回りでしたが、顔を見てお話しできますが、こちらはお電話になりますので、気持ちの維持がとても大事になります。興味を持っているお客様については、そのままアプローチをし成約を取って頂く様になります。問題は興味を持ってないお客様への対応です。断り続けられると心が折れてしまいがちです。モチベーションを維持するには、良い人に出会う為にかけ続ける事が大切です

見込み顧客を作る

営業電話でご紹介していくうちに、興味があるお客様とそうでないお客様がいらっしゃいます。

興味がないお客様へいくら時間を費やしても無駄な時間が生まれます。

限られた中で架電や通話数を伸ばしていくには、その判別は必要不可欠です。少しでも興味を持っていただいたお客様は見込み顧客と考え対応する必要があります。

まとめ

断られる事を好む人はあまりいないと思います

考え方を変え、良い人に出会う為にお電話をする。

ストレスを溜めず、自分のモチベーションを維持し是非実践してみてください

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

佐藤雅世

コールセンターの佐藤と申します。
私はお客様とお話しする事が大好きです。
私達は日々のお客様の配達で感じられてる事や健康状況などを伺いながらお客様により健康サポートできるご提案ができればと思っております。問合せ内容からよりご満足頂ける様、関連部門と連携を取りながら対応させて頂いております。宅配を通じで嬉しかった事、時に苦言を頂く事もありますが、お電話を切る際は笑顔でありがとうと言って頂ける事にやりがいを持って日々対応させて頂いております
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!