新潟では装着率100% 冬用タイヤの知識について

 

こんにちは ミルズの木間です。
前回冬のタイヤ交換についてお話をしましたが、
一般的にはスノータイヤを「冬用タイヤ」
普通タイヤを「夏用タイヤ」と呼びます。
新聞社の調査では新潟では冬季に走行する一般車両の
冬用タイヤ装着率は100%だそうです。
今回は冬用タイヤについてご紹介します。

 

 

 

 

スノータイヤとは

 

「スノータイヤ」と言えば普通「スタッドレスタイヤ」を指しますが、
正確に言うとスタッドレスタイヤはスノータイヤの一分類です。
正式にスノータイヤと呼ばれるタイヤは、
おもに大型トラックなどに装着されています。
溝のパターンを複雑にして路面に食いつく力を高めたものです。
雪への効果はありますが凍った路面では極端に効果が下がり、
タイヤチェーンを装着しないと走行が困難になります。
スノータイヤの進化系に「スパイクタイヤ」があります。

 

 

スパイクタイヤとは

 

「スパイクタイヤ」はスノータイヤの表面に
「金属のピン」を何本も打ち込んだ冬用タイヤです。
凍結した路面でも金属のピンが食らいつくので、
ブレーキを踏むと「ガガッ」と音をたて車を停止させます。
しかし、金属のピンが道路の舗装を剥がし痛め、
剥がれたスファルトの粉塵が環境汚染につながるために
日本では特例地域を除く公道での使用が禁止となりました。
このため「スタッドレスタイヤ」が普及しました。

 

 

 

スタッドレスタイヤとは

 

スタッドレスタイヤはスノータイヤより効果を高めるため
低温でも柔らかさを維持する特殊ゴムを使用して、
細かな切込みで路面の走破効果をより高くしています。
凍った路面での効果はスノータイヤより多少上がりますが、
やはりスパイクタイヤにはかないません。
「スタッド」とはスパイクタイヤの「ピン」のことを言います。
「ピン」が「無い」タイヤってスノータイヤではと思いますが、
スノータイヤと分類するために付けられたようです。
※凍結路面の効果:スパイクタイヤ>スタッドレスタイヤ>スノータイヤ

 

 

 

タイヤの保管方法

 

タイヤのゴムは経過年数と共に劣化しますが、
保管方法によって劣化スピードが変わります。
雨や直射日光や高温を避けることが重要です。
油分もタイヤの劣化につながるのでよく拭きとりましょう。
保管場所が無い場合はレンタル倉庫等での保管が望ましいです。

 

 

まとめ

 

 

積雪のない地域で冬用タイヤをお持ちの方は少ないかと思います。
ミルズの支店がある東京都の八王子で雪が積もると
冬用タイヤ未装着車は道路に置き去りにされます。
おかげで配達ができなくなることがあるので、
冬用タイヤを持たない地域は雪が降ってほしくないですね。

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!