雪が積もった小千谷市真人町の配達に行ってきました

 

こんにちはミルズの木間です。

先日小千谷市の真戸(まっと)町の配達に行く機会がありました。
小千谷市は長岡市の隣の市で、市内まで車で約30分ぐらいです。
真人町は小千谷市内から更に車で30分程の山間地域です。

真人町の配達中に撮影した写真とその日のことについて紹介します。

 

市が管理する大型ロータリー

 

長岡市の積雪は0でしたが真人には雪が

 

長岡市内には雪が無かったのでスニーカで真人に来たのですが、
真人には足が埋まるほど雪が積もっていてました。
真人を甘くみたことを後悔しました。
もちろん車は冬用タイヤに履き替えているので大丈夫です。

公道は市の大型特殊車両が雪をきれいに除雪してくれますが、
個人の敷地は各自で除雪をしなければいけません。

 

写真の「紅白ポール」は雪で車道が埋もれてしまうので、
除雪のときに車道の位置を確認するための目印です。

 

 

家庭用除雪機で家の前を除雪します

 

雪国の高床式住居について

 

「高床式住居」と言っても授業で習った縄文時代の住居ではなく、
1階が車庫、2階から上が住居になっている現代の家です。

屋根の傾斜を急こう配にして雪を自然落下させることで、
手間がかかる「屋根の雪下ろし」をする必要がありません。
その代わりに屋根から落ちた雪で家の周囲が埋まるので、
家庭用の除雪機で空地などに雪を飛ばす必要があります。

写真のお宅の1階は車庫とワンコの家になっていました。

 

 

 

ネコが保冷ボックス上で暖を取っていました

 

明治の「保冷ボックス」の上にネコが乗っています。
ノラ猫かこちらのお宅の家猫かわかりませんが、
床がコンクリートなので少しはボックスの上が暖かいのでしょうか。

「ちょっとごめんね 商品をお届けする間は降りていてね」
箱の上に足跡が付いていました。

 

 

今年初の雪ダルマを見つけました

 

お客様のお宅にあった雪ダルマです。

こちらのお子さんが作ったのでしょうか。
それともお孫さんのためにおじいさんが作ったのでしょうか。
雪除けした跡があるから一緒に作ったのかもしれませんね。
いろいろ想像が膨らみます。

 

 

まとめ

 

冬の真人町に来るのは初めてでしたが、
さすが豪雪地域、長靴を用意すればよかったです。
配達を考えると雪もほどほどであってほしいです。

商品を通じてお客様の健康習慣のお手伝や、
色々な変化を発見する楽しさがあり、
配達はとても良い仕事だと感じました。

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!