新潟は全国有数の白鳥飛来地です  映画「ミッドナイトバス」のロケ地「白鳥の郷公苑」について

ミルズの木間です。

先日、配達同行で三条市の下田地域を訪れる機会がありました。
下田の配達でお客様のお宅の前に停車したところ、
なんと白鳥が集まっている光景が目に飛び込んで来ました。
ここで白鳥を見るのは初めてだけど、この光景に見覚えがあります。

新潟県は全国でも有数な白鳥の飛来地です。
今回は飛来する白鳥ついてご紹介します。

 

白鳥はなぜ日本に飛来するのか

 

 

白鳥はおもにシベリアから日本にやってきます。
生息しているシベリアの冬はとても厳しい環境で、
冬季には湖が凍ってしまい餌が取れなくなります。
そこで白鳥は3000~4000Km 餌を求めて日本に飛来します。

新潟では瓢湖(ひょうこ)が白鳥の越冬地として有名です。
気温が上がる2月頃には再びシベリアに戻るそうです。

 

 

下田「白鳥の郷公苑」

 

 

私が見たのは「五十嵐川」という川に飛来した白鳥です。
地元住人の方が餌付けしているので毎年やってくるそうです。
ここは「白鳥の郷公苑」と言って駐車場が整備され、
観測所もあり白鳥の餌が販売されています。
川岸にはデッキが設置され白鳥を間近に見ることができます。

湖でなく川で越冬するのは珍しいそうです。
写真は公苑対岸のお客様のお宅の前から撮影しました。

 

 

 

 

ここは映画ミッドナイトバスの聖地だった

 

「白鳥の郷公苑」で直接白鳥を見るのは初めてでしたが、
この光景を映画館で見ていたことに気づきました。

それは2018年に公開された映画「ミッドナイトバス」です。
取引先から前売り券を購入して観に行った映画です。

主演の「原田泰三さん」が新潟在住の高速バスの運転手という設定でした。
休日に恋人約の小西真奈美さんと白鳥を見ているシーンで、
ここ新潟のどこだろう?と思ったことがありました。
それが配達で映画の聖地に訪れることになるとは驚きです。

 

まとめ

 

ミッドナイトバスは日常の生活を切り取った
ゆっくり時間が流れるヒューマンストーリです。

心に残ったお勧めの映画なので、興味がある方は是非ご覧ください。
レンタルも開始されています。

 

 

映画ミッドナイトバス聖地巡礼MAP
https://www.niigata-nippo.co.jp/midnight-bus/map/

 

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!