ヨーグルトって温めて食べてもいいの? 寒くても健康習慣の継続のためにもお試しください。

こんにちは。ミルズまるいち宅配センターの竹部です。

暖冬の冬で、私の住む地域ではほとんど降雪もなく、温かな日差しも感じられる穏やかな冬を過ごしています。とはいえ、気温はやはり寒いので、冷たい牛乳やヨーグルトになかなか手が伸びず、健康習慣の継続が難しい・・・というお悩みの声も沢山頂く今日この頃です。せっかく始めた健康習慣。寒さなんかに負けたくない!でもどうしたらいいの?!

今回は、寒い冬でも ヨーグルトを続けていただけるように、ヨーグルトのアレンジレシピをご紹介します。

ヨーグルトを温めて食べてもいいの?

この時季、休配や中止をお申し出になる方の多くに「寒いので冷たい物を食べると冷えてしまう。お腹を下してしまう。」とおっしゃいます。この場合、牛乳なら温めてホットミルクで飲みましょう!と即座にお伝えできるのですが、ヨーグルトに至ってはそうしたオススメはしていません。あれ?ヨーグルトって温めていいのかなぁ?改めて疑問に感じ、(株)明治のHPのお客様相談センターの内容を確認したところ、

ヨーグルトは温めていただいてもかまいません。
人肌程度までであれば乳酸菌の働きに影響はありません。
ただし、温めたらすぐに食べて(飲んで)ください。
25~40℃の温度帯に長時間置かれると乳酸菌の活性が高まるため、酸味が強くなります。
また、加熱し過ぎると分離がおこり、60℃を越えると乳酸菌が死滅していきます。
とありました。人肌・体温くらいの温度までの加熱であれば、有効。であれば、寒い冬でもヨーグルトを続けていただけそうですね。
さらに、菌や酵素が活性化する温度はその種類によって違いますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、40度前後の人肌程度で活性化するものが多いとのこと、温めることで菌が活性化し、より高い健康効果を発揮することも期待できるようです。
また、腸内環境が整って便通が改善することで、代謝が上がり、ダイエットにもよい影響があるとも言われます。これはやってみる価値、大いにありそうですね。

ホットヨーグルトのアレンジレシピ

温めのコツ
乳酸菌やビフィズス菌は、極端に温度が高くなると死んでしまうので、1人分100gなら電子レンジ600Wで30~40秒温めるのが目安。とはいえ、死滅した菌もまったくムダになるわけではなく、腸内にすんでいる善玉菌のエサとなり、腸内環境改善にひと役買ってくれます。
乳酸菌やビフィズス菌は、一度にまとめてとりだめすることができないので、食べやすいタイミングで毎日続けることが大切です。
ホットヨーグルトに慣れないうちは、独特の酸味やにおいに違和感があるかも。そんなときは、はちみつやメープルシロップなどで甘みをプラスすると食べやすくなりますよ。

ホットヨーグルト(はちみつリンゴ)

「はちみつリンゴ ホットヨーグルト」の画像検索結果
材料(1人分)
 *明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン  約120g
 *はちみつ                 大さじ1
 *りんご                 1/4個
作り方
1.耐熱容器にいちょう切りにしたりんご、ヨーグルト、はちみつを入れ、600Wの電子レンジで約1分、人肌になるまで温める。
一言メモ
電子レンジの過熱時間は目安です。温める容器や電子レンジの機種、ヨーグルトの温度によって変化しますので、加減しながら温めてください。加熱しすぎると分離してしまいますので、ご注意を!プレーンヨーグルトで作っていますが、砂糖の入ったヨーグルトであれば、加えるはちみつの量を加減したり、入れなくても大丈夫です。また、シナモンを代わりに使っても美味しいですよ。ぜひ、お試しください。
他にも沢山ヨーグルトを使ったレシピがあります。また、ご紹介したいと思いますので、お楽しみに♪
  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

竹部直美

当店で宅配牛乳をご利用頂くお客様に「いつまでも楽しく、喜んでご利用頂きたい!」そんな思いから、お役立ち出来るサービスの提供を追及しています。私は、誰よりも美味しい物・珍しい物が大好きで、実際に食べたり、使ったりして良かったものだけを大切なお客様にお伝えすべく、チラシにしてご紹介して販売につなげています♪               
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!