越後一宮「弥彦神社」へ参拝に行ってきました

ミルズの木間です。

先日、休日に「弥彦神社」の参拝に行ってまいりました。
新潟県は神社の数が4700社以上と日本一ですが、
その中でも弥彦神社は屈指のパワースポットとして崇められています。
仕事の成功と家族や友人知人の健康、世界平和を祈願してきました。

今回は弥彦神社についてご紹介します。

 

弥彦神社とは

 

弥彦神社は越後平野にそびえる弥彦山を祀る神社です。
正式な名称は彌彦(いやひこ)神社だそうですが、
弥彦村にあるので「やひこ神社」と呼ばれいます。
御祭神として「あめのかごやまのみこと」が祀られています。

創建の時代は定かではありませんが、
かの万葉集にも歌われている歴史のある神社で、
縁結びの神様として有名です。

 

弥彦神社の大鳥居は高さ30.16m

 

神社に向かう途中の県道29号に大きな鳥居が立っています。
高さは「30.16m」もあり近づくとかなりの迫力です。

上越新幹線開通を記念して昭和57年に建立された割と新しい鳥居です。

「彌彦神社」の社号額はなんと畳12畳分の大きさがあります。

下を走る車と比較すると鳥居の大きさがわかります。

 

片足三本の両部鳥居としては日本一の大きさです。

 

 

神様しか渡れない橋「玉の橋」

 

神社に到着して1の鳥居をくぐると左手に朱塗りの橋が見えてきます。
これは「御神橋」といわれる神聖な橋で人が渡ってはいけないそうです。

神様しか渡れない橋です。

 

御神橋「玉の橋」

 

手水場

 

二の鳥居

 

参道門

 

弥彦神社拝殿

背景の弥彦山と相まっていっそう荘厳な雰囲気です。 
弥彦神社の参拝方法は「二礼四拍一礼」です。

 

風光明媚な弥彦山山頂公苑

 

ご神体の弥彦山にはロープウエイが運行しており、
山頂まで登山しなくても登ることができます。
「弥彦山山頂公苑」にはパノラマタワーやレストランがあり、
日本海や佐渡ヶ島を望める風光明媚なところです。

小雨の夕方で人も少なかったので参拝だけして帰りました。
後からテレビで知りましたが「火の玉石」と言う願掛けの石があるそうです。
今度行ったときに試してみます。

 

 

まとめ

 

ちなみに当社の「弥彦コース」でこの周辺も配達をしています。

弥彦は神社だけでなく弥彦温泉も有名な観光地です。
温泉旅館や温浴施設なども数多くあり、
近くには以前ご紹介した魚の市場通り「寺泊」もあるので、
是非観光にお越しください。

 

弥彦観光協会Webサイト
https://www.e-yahiko.com/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!