明乳会海外研修 CP-Meiji視察

明乳会海外研修二日目は株式会社明治のグループ会社CP-Meijiの工場を視察しました。

CP-Meiji Co.Ltdとは

CP-Meijiは、1989年2月に明治(当時明治乳業)とタイ国有数の企業グループである「CPグループ」との共同出資により、同国で牛乳・ヨーグルトなどの生産、販売を行う会社として設立されました。
本社はバンコクで約300人、工場はサラブリ県ノンケー市ノンナック村で約1,000人の従業員がいます。日本人も3名駐在しています。

マーケット市場は国内78%、輸出22%でタイ国内では56%、シンガポールでも39%を市場シェアしています。

日本の㈱明治による技術提供だけでなく、独自の研究開発機構をもっており、タイ人向けおよび東南アジア圏に適した商品を日々研究しています。

 

 

工場内にあるミュージアムを案内してもらいました。

ミュージアムでは、乳製品の製造工程ごとに案内されて行きます。

商品は高機能商品、コモディティ商品まで多種多様にあります。

タイでは乳製品を日本のジュース感覚で受入れられていて、日本では珍しい商品がたくさんあります。

 

まとめ

今回の工場見学を通じて、同じ乳製品でも日本との違いに驚きました。タイは日本よりも暑い国なので乳製品があまり普及していないものだと思っていましたが、それを独自の研究、商品開発によって普及させてきたことに大変感心させられます。
タイに旅行された時は、明治乳製品のタイご当地商品をご堪能下さい。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!