会計ソフトをショートカットキーでラクラク操作しよう

当社は会計ソフトに「弥生会計」を使用しています。

これを使って、現金出納帳や預金出納帳など、日々の会計入力をし、残高試算表として、

月々の会社の財政状態や営業成績を見ることができます。

 

前回は、エクセルのショートカットキーによって作業を効率化する方法を紹介しましたが、

弥生会計でも、マウスを使わずにキーボードだけで操作できる機能があるんです。

 

たとえば、現金出納帳を開く時、マウスを使うなら、帳簿・伝票→現金出納帳の順にマウスをクリック

していきますが、ショートカットキーを使えば、

 

[Alt]→[C]→[1]

 

の順に押すことで、現金出納帳を開くことができます。

 

この[Alt]→[C]というのは、帳簿・伝票のカテゴリーに属する画面を開きたい時に使いますので、

預金出納帳であれば、

 

[Alt]→[C]→[2]で開きますし、

 

勘定科目を細分化した補助科目ごとの取引記録である補助元帳を見る時は、

 

[Alt]→[C]→[H]で開きます。

 

 

また、[Alt]→[R]は、試算表など集計のカテゴリーに属する画面を呼び出す時のショートカット

キーですので、

 

[Alt]→[R]→[S]→[G]の順に押すことで残高試算表を呼び出せます。

 

勘定科目の補助科目ごとの残高一覧である補助残高一覧表を見たい時は、

 

[Alt]→[R]→[H]→[G]

 

で呼び出せます。

 

カーソルを一瞬で移動させる

 

出納帳や補助元帳などで、勘定科目や補助科目を移動する時、マウスでカーソルをそこまで持っていき、

クリックして選択しますが、これもショートカットキーによってキーボードで操作することができます。

 

たとえば、補助元帳を開いた時に、画面上に勘定科目、補助科目、部門を設定している場合は部門が

並びますが、それぞれの横に表示されているアルファベットを、[Alt]キーと同時押しすることによって、

一瞬でカーソルをそこまで移動させることができます。

弥生会計に限らず、会計ソフトにはこのようなショートカットキーが設定されていますので、経理関係の仕事を

されている方は、お使いの会計ソフトにどんな機能があるか探ってみてはいかがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

大矢正樹

MILLSの経理課に所属しています。
一人前の経理マンとなるべく、日々勉強中です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!