少額訴訟で売上代金の回収

お客様の売上代金を集金させてもらえないことや他の会社などに貸付したお金が返してもらえないことがあります。金額が大きければ裁判など時間とコストをかけて回収することもありますが、金額が少なければ割に合わなくなります。そんな場合に簡単な手続きで回収することができるのが『少額訴訟』です。

少額訴訟とは

通常「裁判」というと長い時間と莫大な費用負担を必要とするので、チケット詐欺等の少額の被害金額を取り戻すためには骨折り損、というイメージがありました。 しかし、「少額訴訟」を利用すれば、弁護士に相談しなくても簡単な形の裁判を起こすことができます。手数料も安く、通常1日で判決が下ります。

1.少額訴訟を使うと、弁護士などを雇わずに自分の手で裁判を起こすことができます。分からないことがあれば、簡易裁判所に行って相談することもできます。安価で期間も短く終わり、莫大な費用と長い期間を要する通常の裁判と違います。

2.少額訴訟にかかる費用は大きく分けて2つあります。一つは、裁判所に手数料として納める所定の金額の収入印紙。そしてもう一つは、裁判所から被告に連絡をとる際に使用される通信費として納める切手です。その2つを足しても、通常の訴訟にかかる費用や弁護士への謝礼などを考えれば破格です。

3.少額訴訟は、60万円までの金銭の支払いを求める内容の事件に限られています。事件の内容を限定しているから、よりシンプルな形での裁判が可能になるわけですね。

4.少額訴訟の審理は、原則として1回で終わります。裁判のために何度も裁判所に足を運ぶ必要はありません。裁判は通常1日で終わり、判決も即日言い渡されます。

5.証人を必要とする場合で、証人が裁判当日に裁判所に出頭できない場合には、電話で証人尋問することもできます。

6.原告の請求を認める場合でも、3年以内の範囲で分割払いや支払い猶予の判決を言い渡す場合があります。

少額訴訟の注意点

1. 相手の居場所が分からない場合は不可
少額訴訟は、原告と被告が協力して簡易な形式で行う裁判であるため、被告がそれに同意しなければ行うことができません。したがって、被告の現在の居場所がはっきりしない場合は少額訴訟を起こすことはできないのです。

2.控訴はできません
判決の内容に不服であっても、少額訴訟では、控訴をすることができません。代わりに「異議申し立て」という手続きが用意されていますが、これを行うと、通常訴訟(通常の形式の裁判)に移行することになります。つまり、少額訴訟をすることのメリットがほとんどなくなってしまうわけです。よって、少額訴訟は「確実に勝訴できる見込みのある事件」で利用するとよいと思います。

掛かる費用

少額訴訟は訴額(債権)の金額応じて手数料が掛かります。

訴額       ~10万円             ~20万円             ~30万円             ~40万円             ~50万円             ~60万円

手数料    1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円

これらの準備ができたら、訴状と証拠書類のコピーを簡易裁判所に提出します(この時点で少額訴訟を提起したことになります)。 提出するのは、「被告の住所地を管轄する簡易裁判所」となりますので、注意が必要です(基本的には自分の住所地の簡易裁判所に提出することはできません)。

審査/訴状・呼出状の送達

訴状を提出すると、裁判所で審査が行われ、電話で聴取の連絡があります。
・相手方の裁判期日の出席の見込み
・訴状の送達の可能性
・それまでの当事者間の交渉の経過
・和解の希望の有無
これらの質問をもとに、「通常審理が妥当である」と裁判所が判断すると、少額訴訟ではなく通常の審理に移行することになります。また、相手方が通常審理を希望する場合にも通常審理に移行することになるので注意が必要です。
「少額訴訟が妥当である」として審査が通ると、被告に対して訴状と証拠書類のコピーが送られ、裁判期日(通常は半月から1ヵ月後となります)について、原告と被告の双方に裁判所から連絡があります。

裁判当日

裁判当日は指定された時刻に簡易裁判所に出頭します。裁判官から手続きについて説明を受けたあと、質問に答えていきます。30分から1時間程度の時間がかかります。裁判終了後、20分から30分経つと裁判官により判決が言い渡されます。判決の前に原告、被告双方に対して和解の提案がある場合もあります。
判決の内容に納得がいかない場合でも控訴をすることはできませんが、その代わりに「異議申し立て」という手続きをとることができます。原告、被告のどちらかが異議申し立てを行った場合、通常の形式による訴訟に移行することになります。(異議申し立ては判決から2週間以内に行わなければなりません)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

森圭一

㈱MILLSで経理を担当しています。簿記2級があるという軽い気持ちで住宅営業から会計事務所へ転職して13年。先輩の紹介でMILLSに入社することができました。部門的に専門的な財務会計も必要ですが、それ以上に管理資料の作成が主な仕事になっています。アナログ人間の自分には、資料作りが非常に苦痛ですが、日頃から人に親切にしておくことで日々助けてもらっています。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!