寒くなったら 温かいミルクがおいしいね♪

ミルズまるいち宅配センター 竹部です。

秋本番。天高く馬肥ゆる秋。実りの秋、美味しいお米やお野菜、果物、もちろんお魚などいろんなものがおいしい季節ですね。行楽の秋も楽しみです。

そんなウキウキの秋ですが、酷暑の夏と打って変わって、朝夕涼しくなり、めっきり気温も下がります。体調を崩し易いい時季でもありますので、注意が必要です。

この時季になると、冷たい物が苦手なお客様は牛乳が冷蔵庫に溜まりがちになり始めます。そこで、今日は冷たい牛乳を温かいドリンクに仕立て、健康習慣である”毎日1本”をお続けいただけるように、簡単でおいしいドリンクメニューを紹介します。

きなこミルク

きなこミルク

材料(1人分)

牛乳    200ml

きなこ   大さじ2

はちみつ  小さじ1

作り方

1.鍋に牛乳を入れて弱火にかける。

2.温まってきたらきなことはちみつを加え、混ぜながら溶かす。

 

きなことはちみつでリラックスタイム♪ きな粉は食物繊維もあるので、お通じの改善にもいいですね。

 

しょうがミルク

しょうがミルク

材料(1人分)

みりん      大さじ3

しょうが(薄切り)5枚くらい

牛乳       200ml

作り方

1.みりんに、しょうがを入れ、3 – 4分間中火で煮る。

2.牛乳を加えて温める。

  お家にある材料で簡単にできるので、是非! ご存知のように、生姜は体を温めてくれるので、風邪予防にもおすすめ!

マシュマロミルクティ

マシュマロミルクティー

材料(1人分)

濃いめにいれた紅茶   50ml

牛乳          200ml

マシュマロ       20g

作り方

1.紅茶に牛乳を加えて混ぜ、マシュマロを浮かべる。

2.500Wの電子レンジに、マシュマロがふくらむまで2分~2分30秒間かける。

ちょっと疲れた午後のおやつは、こんなミルクティが飲みたいなぁと思っておすすめです♪

まとめ

「牛乳は加熱しても大丈夫?」とお問い合わせをいただくことがありますが、牛乳は加熱しても栄養価はほとんど変わりません。熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものなので心配はいりません。牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などが中心ですから、これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れないということは覚えていただくといいと思います。

ですので、冷たい牛乳が飲みづらい季節は、ひと肌程度に温めたホットミルクやご紹介したドリンクにして召し上がってください。大量に余るようなら、牛乳を使ったレシピに使用しながら、毎日の健康づくりに活用していきましょう。

カルシウムは、私たちの健康寿命を延ばしていくためにもとても重要な栄養素です。体を支える屋台骨である”骨”を作る大事な栄養素であり、たんぱく質の代謝や神経細胞、筋肉の働き、ホルモン分泌など体のあらゆる活動に必要な栄養素です。摂取量が不足すると、骨に蓄えたカルシウムが溶かして補うため、知らず知らずのうちに骨がもろくなり、結果的に骨粗しょう症にもなりかねません。後悔先に立たずですが、知識として”カルシウムの不足は骨粗しょう症を引き起こす”ことがわかっていたら、ご家族の健康づくりのために、どうにかして牛乳をとりいれる工夫も出来るかもしれませんよね。

ぜひ、家族そろって、健康でイキイキした毎日を楽しく過ごせるように、今日も牛乳飲んでくださいね!

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

竹部直美

当店で宅配牛乳をご利用頂くお客様に「いつまでも楽しく、喜んでご利用頂きたい!」そんな思いから、お役立ち出来るサービスの提供を追及しています。私は、誰よりも美味しい物・珍しい物が大好きで、実際に食べたり、使ったりして良かったものだけを大切なお客様にお伝えすべく、チラシにしてご紹介して販売につなげています♪               
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!