日本一の信濃川にかかる長生橋は現在「三代目」です

みなさんこんにちは

株式会社ミルズ店舗統括部の木間詳和と申します。

私たちミルズの本社は新潟県長岡市にあり その側には信濃川が流れています。

小学校の社会科授業で日本一長い河川と教わるのでご存知の方も多いかと思ます。

今回は信濃川についてご紹介します。

1、信濃川は長野県で名前が変わる

冒頭で信濃川は日本一長いと言いましたが 上流に上り長野県に入ると千曲川と名前が変わります。

調べると信濃川が153Km 千曲川が214Kmと千曲川の方が長いそうです。

ではどうして日本一は長い方の千曲川ではないのか。

それは海に河口がある川を本川として本川の名称で呼ぶことが決まりだそうです。

このため日本一長い川は信濃川ということになります。

本当は千曲川が新潟で信濃川に名前が変わると言ったほうが正しいでしょうか。

2、信濃川と千曲川の名前の由来

信濃川は上流の長野県の旧国名信濃の国から流れてくるから新潟ではこの川を信濃川と呼ぶようになったようです。

千曲川はあまりにも屈曲が激い(千回弯曲する)という説があります。

ちなみに五木ひろしさんの唄には「信濃川」と「千曲川」の両方がありますが唄は

千曲川のほうが有名ではないでしょうか。

3、信濃川を渡す5つの橋

長岡市内の信濃川には上流から越路橋 フェニックス大橋 長生橋 大手大橋 蔵王橋と5つの橋が長岡の東と西をつないでいます。
明治時代初頭まで橋はなく渡し船で信濃川を渡っていたそうです。
ミルズに一番近い長生橋は信濃川にかけられた最初の橋で 橋長850.8 mです。
現在の長生橋は1937年(昭和12年)に竣工された3代目です。
長岡花火大会ではナイアガラ大瀑布と言う仕掛け花火が長生橋にかかります。
長い橋を流れ落ちる花火の大滝と同時に打ち上げられる正三尺玉は大迫力です。

一番新しいフェニックス大橋の名前の由来ですが長岡市が1945年(昭和20年)の長岡空襲 

2004年(平成16年)の新潟県中越地震など災禍から不死鳥の如く甦ってきた姿と、

末永く発展するよう願いが込められてフェニックス大橋と命名されました。ウィキペディアから引用。

4、まとめ

新潟の特産と言えばお米や農産物 その加工品の日本酒などです。
信濃川が運んでくる土壌の恩恵もありますが、過去に多くの氾濫を繰り返しており

先人による度重なる治水工事のおかげで今の越後平野の形をなしたそうです。
ちなみに戦国時代から続く県内最古の酒蔵 吉乃川酒造から信濃川の名前を冠した
「信濃川しぼりたて新酒」はスッキリしたおいしいお酒でした。
残念ながら季節商品なのか現在は販売していないようです。
長岡市にお越しの際は信濃川の絶景とおいしいお酒やお米をお楽しみください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!