就職したのに雇用契約書を持ってない?危険な考えと注意点

一般的に会社に勤める際に記入若しくは押印する書類の雇用契約書ですが、未だに口頭で言われて会社からの支払いはされているがこういった書類を持っていないと言う方がいらっしゃいます。
今回は雇用契約書の基本と無い場合の危険性・対処法などについてご紹介いたします。

雇用契約書って?

そもそも雇用契約書という物について、法律に基づいた様式はありませんが、労働基準法施行規則第五条には下記項目だけは定めるようにとの記載がされております。
そのため、最低限その部分を記載されている用紙を会社から貰い入社時に押印をしていると思います。

一 労働契約の期間に関する事項
一の二 期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項
一の三 就業の場所及び従事すべき業務に関する事項
二 始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項
三 賃金(退職手当及び第五号に規定する賃金を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
四 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
基本的には、この契約書と会社の就業規則に基づいてご自身の賃金やお休みなど様々な労働条件が付される事となります。
e-Gov労働基準法施行規則第五条から引用

雇用契約書が無いって事はあるの?

一般的に契約は当事者の申込を相手方が承諾し、双方の意思表示が合致する事で成立するために、原則として契約は有効にはなりますが、一定の様式に基づいて契約をしないと有効に成立しないと定められております。
雇用契約についても民法上は様式を必要とはしていませんが、労働基準法・労働基準法施行規則により一定の労働条件を明示した書面の交付が義務づけられております。
ですので、雇用をされた場合にはそういった書面が無いという事はありませんので、持っていない場合は早急に貰う様に致しましょう。

労働条件通知書って紙はあるけど?

労働条件通知書は、使用者が労働者に対して労働条件を明示する書類であり、一見すると有効の様にみえます。
その通知書に使用者と労働者の両名の記入・押印がなされているのであれば、それは雇用契約が成立したと言えますが、使用者だけ・労働者だけの記入・押印しかない場合には、雇用契約としては正式に成立したとは言えない状況です。
ただし、労働条件通知書を発行する会社であれば労務的な事もわかったうえで労働者にお渡しをしていると思いますので、事務的なミスが無い限り雇用契約書はその後に発行されると思います。

雇用契約書として有効な様式なのかは確認しましょう

雇用契約書が無いパターン

入社時から貰ってない

前項でご紹介した通り、書面の交付が無く労働させる(する)事自体が違法状態です。雇用する側は分かってやっているとすると、雇用条件・契約期間を変更する等も出来なくもありません。
一般的な企業はこの様な事は無いですが、そもそも違法性を分かった上でやっている事であれば、どの様な事もやってこないとも言えませんので、そういった際には早めに会社に雇用契約書を貰うように致しましょう。
もしくは、お近くの労働局にご相談をする事をおすすめ致します。

入社時に交わしたけど原本は会社が持っている

確かに原本は会社が保管いたします。前項でも紹介したとおり、雇用契約書と就業規則に基づいてご自身のお給料とお休みなどの労働条件が決定する事になります。
こんな条文あったかな?と思ったりする前に会社に問い合わせて雇用契約書の控えは貰っておきましょう。

更新時に新しく貰った記憶がない

期間の定めがある雇用契約書の場合には、その中に同条件での自動更新するような文言が無い場合には、基本的には雇用期間の終了日前には新しく雇用契約を結び、新しい期間が記載された雇用契約書を貰う事になります。
一度、ご自身の雇用契約書を確認し自動更新で無い場合には、会社に相談して新しく貰うように致しましょう。

期間の定めがある場合は、一度持っている雇用契約書を確認しましょう。

まとめ

雇用契約書が無いという事は基本的には無いとは思いますが、期間が区切ってある場合など更新はされているが、条件が変更されてもそのままであったりする場合も考えられます。
雇用契約書が無いと言う方について現代に置いては無いと思いますが、規模が小さい会社などでは発生する事も考えられます。
少しでも疑問に思った場合は周りに相談するか、お近くの労働局などに相談し自分に損害が発生せず働く様に致しましょう。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!