給与明細の一般的な見方と抑えるべきポイント

一般的なサラリーマン、パート、バイトなど会社と直接雇用にある関係の人は毎月貰っている給与明細ですが、毎月貰っている明細について、どういった事が書かれているのか基本的な事についてご説明を致します。

EXCELで用意されている表の項目でご説明をしていきます。

給与明細って

給与は雇用契約書に基づき労働の対価として支払われますが、その支払われる内容を記載されているものが給与明細という事になります。
法律上では、企業に給与明細書の発行義務はありませんが、控除金額や支払い明細の発行をしなければいけない事が所得税法、健康保険法、厚生年金保険法に記載があるため、この部分も纏めて給与明細書として発行をしております。

勤怠

まず最初の項目に大抵表示されております。実際に、自分がどのような状態で働いたのかを纏めて記載しております。
出勤、欠勤、遅刻、早退、有休休暇と言う項目については、皆さんもご存じのとおりですが、それ以外の状態を示す事が記載されている場合には、その会社の就業規則などに記載されているかと思いますので、内容がわからない場合には、一度ご確認をお願い致します。

支給

この項目部分の合計額の事を「額面金額」と言います。○○給、○○手当などが一般的に記載されております。
基本給が上がる事を通常ベースアップ(ベア)すると言いますが、ここが下がるという事は余程の事が無い限りはありません。(もちろん就業規則にその様な内容が記載されている場合はその限りではありません)
○○給で他には職能給、能力給、職務給があり、○○手当という物は役職、資格、家族、住宅、危険、通勤などが良く記載されているかと思います。
基本給以外の○○給や○○手当については、昇給や昇格など他会社で定められた基準を満たした場合に支給されることになり、基準を満たさなくなった時点で会社に報告し、きちんと手続きを取るように致しましょう。

控除

控除と言う言葉どおり、この項目については支給項目から引かれる金額の一覧が記載されております。
項目としては社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料)と税金(所得税、住民税)になり、これ以外の項目で記載がある場合には一般的にはその会社の就業規則に記載されておりますので、詳細については会社の就業規則を見てみましょう。

  • 健康保険料:会社と従業員が折半で納める額のうち、従業員分を給与から控除します。
  • 厚生年金保険料:会社と従業員が折半で納める額のうち、従業員分を給与から控除します。
  • 雇用保険:過去ブログ「雇用保険って聞くけど、どんな保険なの?
  • 所得税:過去ブログ「基本的な所得と所得税についての考え方について
  • 住民税:市区町村が課している税金の事で、会社が給与から控除して自治体に支払うやり方を特別徴収と呼び、従業員が直接自治体に納める方法が普通徴収と言います。

まとめ

一般的な給与明細についての見方についてご説明いたしました。ご自身の給与明細と比べるとこの項目が無い、違う名称であるなどは各会社の様式によって様々な種類が発行されます。
今回ご説明した大項目の部分については、ほぼどの企業でも記載がされていると思いますので、ご自身の明細と見比べてみましょう。
もし、こういった明細を貰っていないと言う場合には冒頭でもお伝えしているとおり、法律違反にあたりますので、お近くの労働基準監督署へご相談をお勧め致します。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!