冬のタイヤへの交換と雪道運転の注意点について

みなさんこんにちは 木間です。

このところ日に日に寒くなりいよいよ冬本番ですね。
今年も雪への備えをしなければいけません。
今回は冬タイヤと雪道の運転についてご紹介します。

 

冬タイヤへの交換

我が家も先日父と私の車を冬タイヤに交換しました。
ガソリンスタンドで交換すると2000円程かかるので、
自分ですると4000円得したことになります。

1台20分ぐらいで交換が完了しますが、
コツは舗装された平な場所で交換することと、
最初にタイヤのボルトを少し緩めておくことです。
あとは車によってジャッキをかける場所が決まっているので
かけ間違えないようにすることです。
かけ間違えるとジャッキアップ中にはずれることがあります。

冬の朝は余裕をもって

 

雪国の冬の朝は除雪や渋滞を見越していつもより早起きします。
防寒具を羽織って道路と車の状況を確認します。

冬は車の窓ガラスが凍っていることがありますが、
慌ててお湯をかけたりしてはいけません。
急激な温度変化でガラスが割れてしまうことがあります。
市販の解氷スプレーを使うか車の暖房で解凍します。

 

 

冬の雪国の通勤について

 

家の前の駐車場が雪で出入りできなくなると、
冬の間だけ家から離れた駐車場を借りる人もいます。
長岡では大雪なので出勤できないは通用しません。
会社勤めの人は自家用車での通勤がほとんどですが、
雪での遅刻はあっても休むことはありません。
そのための冬タイヤへの交換ですから。

電車が止まると学校が休校になることはありますが。

 

 

冬道の運転について

 

冬タイヤに交換してもやっぱり雪道は危険です。
とにかく時間に余裕を持って行動しましょう。

路面が滑りやすく雪で道幅が狭くなって危険です。
急発進、急スピード、急ハンドル、急ブレーキの4つの「急」は避けましょう。

私の自己流ですが雪の積もり始めに迷惑がかからない私道で、
わざと急ブレーキや急ハンドルをして車の挙動を体感します。
どのぐらい滑るのか事前に覚えておくのが有効的です。

あとは、ハマった時の脱出用にスコップを用意しましょう。

 

まとめ

 

冬の対策を万全に行っても急な降雪や
事故による渋滞は避けられません。
冬に臨む意識と行動を変えないといけません。

また、ホワイトアウトと言って
視界が0になり歩く速度ほどにスピードを
落として耐えますが本当に危ないです。
雪国に暮らす人は十分に注意をしてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木間詳和

木間詳和

株式会社MILLSで店舗運営と配達業務全般の管理と支援するお仕事を任されています。取り扱っている商品のキーワードは「1日1本の健康習慣」です。「たかが牛乳されど牛乳」私達が提供しているのは現代人に不足している栄養素や体に良い働きをする乳製品を手軽に摂取することができます。お客様の健康習慣を継続するため安心安全の定期配達を守るスタッフの支援をすることが自分の役目です。
コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!