就業規則で見るべきポイントと注意点について

就業規則と言うものは、企業にお勤めの方は、一度は見た時があると思います。
今回はこの就業規則について基本的なポイントについてご説明を致します。

就業規則って

これは、労働基準法を基に決まっているのですが、常時10人以上を直接雇用している企業については作成する事が義務づけられています。

第九章 就業規則
(作成及び届出の義務)
第八十九条 常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。
現在の法律でいえば、代表取締役1名と従業員が3名などの企業であれば、基本的には作成・提出の義務はございません。
e-Gov労働基準法から抜粋

何が書かれているのか?

内容についても同様に労働基準法によって記載しなければいけない項目について決まっております。

一 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
二 賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
三 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
四 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項
五 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項
六 安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項
七 職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項
八 災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項
九 表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項
十 前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項
e-Gov労働基準法から抜粋

項目を見ていただくとお分かりだと思いますが、労働者の労働・雇用条件、退職、表彰など働くうえでの決まり事の項目がすべて記載されるようになります。

見るべきポイントって

先にお伝えしたとおりすべて重要なのですが、下記はその中でも確認しておくポイントです。

始業・就業と休憩時間及び賃金

基本的には雇用契約書と同様な内容が記載されているはずですが、就業規則と雇用契約書ではその内容が違うという場合は確認しておくといいでしょう。
ただし、雇用契約書の記載内容の方が就業規則の記載内容より、労働者の利益となっている場合は、企業側が就業規則の修正中の場合も考えられます。

基本ですが、意外と守られてない場合もあります。

また、賃金の項目については就業規則の本則ではなく、別則として設けられている場合があります。基本的には、この項目に基づいて企業は賃金を支払う事になります。残業なども含めて会社の規則が記載されていると思いますので、しっかりと確認をしておきましょう。

表彰と制裁

SNSの発展にともない個人携帯・PC・記憶媒体などについても企業内での規則が厳しくなる傾向ですので、このくらいは問題ないだろうと言う行動が、企業として非常に厳しい規則を設けている場合がありますので、確実に確認を致しましょう。

企業によって様々ですが、規則ですので確認はしましょう。

学生時代に行っていた行動が、会社内では罰則を設けられている場合がありますので、いつもの行動を起こす前に一呼吸置いて考えて行動をする様にいたしましょう。

個人用スマートフォンは思っている以上に気を付けた方が良いです。

就業規則でわからない場合は?

内容についての問い合わせは、就業規則の中に労働者代表者の氏名を押印がされている用紙があると思いますので、その方に問い合わせるか、通常ですと総務課又は人事課の担当者に問い合わせると良いでしょう。

まとめ

就業規則という物は、その雇用されている会社の決まりごとになります。全てを確認する事は難しいでしょうが、重要点の部分は知っておくべきだと思います。
社会人として、「知らない」「聞いていない」など無責任な事をせず、しっかりと確認し認識の相違が無いようにいたしましょう。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!