助成金、補助金ってよく聞くけど違いって何?誰でも申請できるの?

総務・人事の方で一度は助成金・補助金などの申請含めて経験をしたことがあるのではないでしょうか。
手続きが非常に煩雑ではありますが、今回はそこまでの前段としてそれぞれがどういったものであるのか、をご紹介したいと思います。

助成金と補助金の違い

イメージとして、どちらもお金が貰えることだよね?と理解されている方がいらっしゃると思います。おおきく考えた場合では間違ってはおりません。
もう少し具体的に説明すると、助成金は厚生労働省が管掌しており、補助金は経済産業省が管掌しているものになります。

助成金って

雇用保険に加入している事業所が対象になり、要件に満たした場合にお金を支給されるものになります。
前回のブログで雇用保険についてご紹介しましたが、助成金についてもこの雇用保険から拠出される事になります。
また、助成金については毎年3000個ほど名称が変わったり、適用範囲が変わったりなどして助成を受けられる対象事業があります。

助成金は厚生労働省

補助金って

管掌する機関が違う事とあわせて、期限が設けられている場合や、決まった予算が無い場合にはそもそも対象事業というものが発表されません。
また、少々前にスーパーコンピューター補助金の不正受給がニュースで取り上げられましたが、金額が大きい物だと億単位で貰えるものがあります。

補助金は経済産業省

申請方法の違い

助成金の場合

基本的に助成金の申請業務については社労士の独占業務となります。ですので、助成金についての相談を含めて、社労士の方に相談をする事をおすすめします。
自分で申請する事は可能ですが、助成金を得る前の資料準備や助成金について深い知識を要する業務になるため、社労士の方でも内容によっては断る事があるくらいです。
それを自分で申請を行うと言った場合には非常に大きな労力を要する事になりますが、結果として得られる助成金が数千円レベルであった場合にはあまりに見合わない事になりますので、その事を理解したうえで行いましょう。
かつ、申請・結果報告期限なども設けられる場合もありますので、あわせてご注意ください。

補助金の場合

基本的には応募形式になりますので、個人で申請する場合にはそういった情報収集を常にしておく必要があるという事と助成金と同じく種類が多いために個人でやるよりは中小企業庁や認定経営革新等支援機関先にご相談をされる事をおすすめします。
また、金額も大きいという事もありますが、審査が非常に厳しい事もありますので、あまり個人で申請をするという事はおすすめしません。

いつ貰えるのか

助成金の場合

申請する助成金の内容にもよりますが、ほぼ半年から1年後以上後に受給される事になります。
助成金は計画を提出、実行、結果報告と大体その様な大きな流れがあります。そのため、結果が出るまでの期間もあるために、その程度の時間がかかる事が一般的になります。
また申請はしたけれども、結果として要件を満たさなくなってしまったので、助成金対象外になる場合もあります。

補助金の場合

補助金は例えば1000万円掛けて設備投資を行ったあと、その支払った金額に対して何割かを返金すると言う流れになります。
最終的に返金される額は申請する補助金の内容にもよりますが、会社としては一時的に支払いが先になるという事と、補助金の最大額と補助割合が決まっていますので注意が必要になります。

まとめ

助成金も補助金もどちらも労働者や企業を支援するためのものになります。
このキーワードを聞いた場合、「会社が支払うのはゼロ円ですむのか」「お金を貰えるから申請しよう」と言う考えではなく、あくまで多額の設備投資をした場合に国が支援する、労働者の教育支援に企業が投資した額を支援するという事が目的になります。
それを間違った認識のまま進めていくと不正受給に繋がりかねませんので、正しい認識をして頂く様にご理解をお願い致します。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

最新記事 by 岩原正樹 (全て見る)

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!