LANケーブルのカテゴリー7以降の種類について

前々回のブログでちょっとLANケーブルの種類を調べていた際に、カテゴリー7以降が規格と違う物があるとお伝えしました。
気になったので、もう少しご紹介をします。

そもそもLANの規格って?

通信の標準化をするIEEEと言う機関で定められており、その規格に基づいて設計をされます。
LANに関してはIEEE802.3と言う番号で規格が定められており、この規格で使用されるケーブルのLANケーブルの大半がツイステッドペアケーブルを使用しています。

IEEE(アイ・トリプル・イー)とは、Institute of Electrical and Electronics Engineersの略です。 人類社会の有益な技術革新に貢献する世界最大の専門家組織で、世界160ヵ国以上、40万人を超える会員がおります。 1884年設立のAIEE(American Institute of Electrical Engineers)と1912年設立のIRE(Institute of Radio Engineers)の統合により、1963年1月にIEEEとしてスタートしました。 IEEEの活動には、地域におかれたIEEEの支部(Section)の活動、研究分野のグループ(Society)の活動があります。
IEEE Japan Councilのabout IEEEより抜粋

LANの規格に基づいた国際標準規格

さきほど、LANでは大半がツイステッドペアケーブルを使用しているとご紹介しましたが、これの国際規格としてISO/IEC 11801という国際規格があり、日本ではそれを日本語訳した日本規格としてJIS X 5150が、アメリカではANSI/TIA-568-Cと言う規格が作られております。
こちらの規格についての内容に関しては有料で公開をされておりますので、気になった方はご購入されてみるのもいいかもしれません。
(新潟県内の図書館にはありませんでしたが、国立国会図書館の関西館には一応、蔵書はされているようです)

カテゴリー7のLANケーブルの規格

ISO/IEC 11801(JIS X 5150)では周波数(前のブログでは伝送帯域と記載した部分)によってカテゴリーがわかれております。
部材性能と言われる物がいわゆるケーブルの先の部分であり、配線性能というのが「線」本体を指しております。

ISO/IEC 11801(JIS X 5150)の規格

この部材性能、配線性能については、ISO/IEC 11801(JIS X 5150)でループ抵抗、伝搬遅延時間、最少伝搬時間差、最少反射減衰量etcさまざまな項目で基準を定めて、その基準を満たしたものがそのクラスの部材・配線であると言えます。

Cat.7ケーブルがRJ45コネクタの物について

以前お伝えした「Cat.7ケーブルの先がRJ45コネクタ」という物はよく販売されておりますが、このケーブルの先がRJ45コネクタである場合は、部材性能としてCat.7には「対応」はしておりません。
何故販売をしているかと言うと、大手メーカーであるエレコム株式会社のQ&Aには下記の記載もあり、特に間違った事を言っているわけではありません。

Q.【LANケーブル】「対応」と「準拠」の違いはなんでしょうか?
【回答】
弊社では、以下の内容として定義しております。
◇対応
規格で定められている(カテゴリー5、カテゴリー6など)通信速度、材質、寸法・形状など
全ての項目を満たしているもの。
◇準拠
通信速度は各カテゴリーと同等の品質を持つが、材質、形状・寸法などが規格外となるもの。
準拠品の多くはそれぞれのメーカー独自の形状や機能を持った製品となっています。
エレコム株式会社、Q&Aから抜粋

また、Cat.7対応の部材を用いた場合の周辺機器についてもまだまだ未対応であり、あくまで準拠でとどまっている一つとしては、これほどの伝送速度を満たしたい場合にはファイバチャネル接続の製品やInfiniband(インフィニバンド)など既に既製品である物で間に合っているからともいえます。

RJ45コネクタですが、この形状でCat.7には対応できません。

まとめ

Cat.7、7a、8についてデータセンターやパソコンなどでの普及というのはまだまだこれからという事もあります。
どちらかと言うと、このあたりのケーブルについてはオーディオケーブルとしては普及しておりますので、そっちがメインで使われるかもしれません。
今回のLANの件でJEITAで使われた資料にもこのあたりの話しについて細かく記載がありますので、気になる方はご参考下さい。

LAN配線技術セミナー2017、LAN配線の疑問にお答えします。
https://home.jeita.or.jp/upload_file/20171114151545_u7hofFT0L4.pdf

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!