EXCEL、数学/三角関数のACOT関数

説明

コタンジェント、または逆コタンジェント、数値の主値を返します。

書式

ACOT(数値)

ACOT 関数の書式には、次の引数があります。

数値:必ず指定します。 求める角度の余接の値を指定します。 実数が必要です。

解説

・戻り値の角度は、0 (ゼロ) ~ pi の範囲内のラジアンで示されます。
・数値が数値以外の値である場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。
・結果をラジアンから度に変換するには、結果に 180/PI() を掛けるか、DEGREES 関数を使用します。

結果の検証自体に数学の知識が必要になりますので、前提条件としてはそのあたりが無いと求められた解が正しいのかはわかりません。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!