EXCEL、数学/三角関数のARABIC 関数

説明

ローマ数字をアラビア数字に変換します。

書式

ARABIC(文字列)

ARABIC 関数の書式には、次の引数があります。

文字列:必ず指定します。 半角の二重引用符で囲んだ文字列、空の文字列 (“”)、または文字列を含むセルへの参照を指定します。

解説

・文字列に無効な値が指定されるている場合、エラー値 #VALUE! が返されます。
・エラー値 #VALUE! を返す値は、数値、日付、無効なローマ数字の文字列などです。
・入力値として空の文字列 (“”) が使用されている場合は、0 が返されます。
・引数の最大長は、255 文字です。 したがって、返される最大数値は 255,000 です。
・文字列の大文字と小文字は区別されません。 たとえば、”mxmvii” は “MXMVII” と同じ結果 (1997) に評価されます。
・負のローマ数字は非標準ですが、負のローマ数字の評価はサポートされています。 “-MMXI” などのように、ローマ数字の前に負符号を挿入します。
・先頭と末尾のスペースも無視されます。
・ARABIC 関数は、ROMAN 関数とは逆の操作を実行します。 詳細については、「ROMAN 関数」を参照してください。

使用される場面が思いつきませんが、X・XXiiiなどで作られた書類などを翻訳する場合に使えるかもしれません。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!