EXCEL、数学/三角関数のBASE 関数

説明

指定された基数 (底) のテキスト表現に、数値を変換します。

書式

BASE(数値, 基数 [Min_length])

BASE 関数の書式には、次の引数があります。

数値:必ず指定します。変換する数値を指定します。0 以上 2^53 未満の整数でなければなりません。

基数:必ず指定します。数値を変換する基数 (底) の数値を指定します。2 以上 36 以下の整数でなければなりません。

Min_length:省略可能です。返される文字列の最小文字数です。0 以上の整数でなければなりません。

解説

・数値、基数、または Min_length が最小値または最大値の制約を逸脱する場合、エラー値 #NUM! が返されます。
・数値が数値以外の値である場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。
・整数以外の任意の数値を引数として入力すると、小数点以下が切り捨てられます。
・Min_length 引数が含まれている場合、指定された最小文字数より短ければ、その結果の先頭に 0 が追加されます。たとえば、BASE (16,2) は 10000 を返しますが、BASE (16,2,8) は 00010000 を返します。
・Min_length 引数の最大値は 255 です。

数値を基数(2から36まで)で変換をしてくれますので、10進法での100と言う数字を基数に従った表記をしてくれます。2進数、16進数などプログラミングなどでは使われる数値の変換などを行う場合には使えそうです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

最新記事 by 岩原正樹 (全て見る)

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!