EXCEL、数学/三角関数のCEILING 関数

説明

基準値の倍数のうち、絶対値に換算して最も近い値に切り上げられた数値を返します。たとえば、価格が 442 円の製品に価格を設定するときに 1 円単位の端数を出さないようにするには、数式 =CEILING(442,5) を使用して 5 円単位の最も近い価格に切り上げることができます。

書式

CEILING(数値, 基準値)

CEILING 関数の書式には、次の引数があります。

数値:必ず指定します。丸めの対象となる数値を指定します。

基準値:必ず指定します。倍数の基準となる数値を指定します。

解説

・引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。
・数値の符号に関係なく、切り上げられた値の絶対値は、数値より大きくなります。指定された数値が基準値の倍数と等しい場合は、数値は丸められずにその値が返されます。
・数値と基準値がどちらも負の数である場合、値は小さい方 (0 から遠い方) の数値に切り上げられます。
・数値が負の数で、基準値が正の数である場合、値は大きい方 (0 に近い方) の数値に切り上げられます。

時間計算の端数をあわせるなどを行う際には使うかと思います。特定の数字以上に上げたいなどの場合には結構有効的に使えるかと思います。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

最新記事 by 岩原正樹 (全て見る)

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!