EXCEL、数学/三角関数のCEILING.MATH 関数

説明

数値を最も近い整数、または基準値の倍数で最も近い数に切り上げます。

書式

CEILING.MATH (数値, [基準値], [モード])

CEILING.MATH 関数の書式には、次の引数があります。

数値:必ず指定します。 数値は、9.99E+307 未満でかつ -2.229E-308 より大きくなければなりません。

基準値:省略可能です。 切り捨てる倍数の数値を指定します。

モード:省略可能です。 負の数値の場合は、0 に近い値または 0 から離れた値のどちらに値を丸めるかを制御します。

解説

・既定で、基準値は正の数値の場合は +1、負の数値の場合は -1 です。
・既定では、小数点以下のある正の数値は最も近い整数に切り上げられます。 たとえば、6.3 の場合は 7 に切り上げられます。
・既定では、小数点以下のある負の数値は最も近い整数 (0 に近い値) に切り上げられます。 たとえば、-6.7 の場合は -6 に切り上げられます。
・基準値およびモードの引数を指定することで、負の数値の場合の丸める方向を変更することができます。 たとえば、-6.3 を基準値が 1、モードが 1 で丸めると、0 から離れた値である -7 になります。 基準値とモードの値の組み合わせは多数あり、多様な方法で負の数値の丸め処理に影響します。
・モードの引数は正の数値には影響しません。
・基準値の引数により、指定された基準値の倍数で最も近い整数に切り上げられます。 丸める数値が整数の場合は例外です。 たとえば、基準値が 3 の場合、数値は 3 の倍数で最も近い整数に切り上げられます。
・数値を 2 以上の基準値で除算して余りがでる場合は、結果が切り上げられます。

CEILING関数よりももう少し丸め処理に関して数学的に色々と指定が出来る関数になります。基準値とモードの指定によって、様々な値で丸め処理を行う事が可能になります。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!