EXCEL、数学/三角関数のDECIMAL 関数

説明

指定された底の数値の文字列表現を 10 進数に変換します。

書式

DECIMAL(文字列, 基数)

DECIMAL 関数の書式には、次の引数があります。

文字列:必ず指定します。

基数:必ず指定します。基数は整数である必要があります。

解説

・文字列の長さは 255 文字以下にする必要があります。

・文字列引数は、基数に対して有効な英数字の文字の任意の組み合わせで、大文字小文字は区別されません。

・Excel では、0 以上 2^53 未満の文字列引数がサポートされています。2^53 より大きい数字に解決される文字列引数の場合、精度が低下する可能性があります。

・基数は、2 (バイナリ、またはベース 2) 以上および 36 (ベース 36) 以下にする必要があります。
10 より大きな基数は、必要に応じて、数値 0-9 と文字 A-Z を使用します。たとえば、ベース 16 (16 進数) は 0-9 および A-F を使用し、ベース 36 は 0-9 および A-Z を使用します。

・いずれかの引数が制約外の場合は、エラー値 #NUM! または #VALUE! が返されます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!