EXCEL、数学/三角関数のFLOOR.MATH 関数

説明

指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。

書式

FLOOR.MATH(数値, 基準値, モード)

FLOOR.MATH 関数の書式には、次の引数があります。

数値:必ず指定します。 切り捨ての対象となる数値を指定します。

基準値:省略可能です。 倍数の基準となる数値を指定します。

モード:省略可能です。 負の数値を、0 に向かう方向または 0 とは逆の方向に丸めます。

解説

・既定では、小数点以下の値を持つ正の数値は、最も近い整数に切り捨てられます。 たとえば 6.3 は、既定の基準値 (1) を使用して、6 に切り捨てられます。

・既定では、小数点以下の値を持つ負の数値は、0 とは逆の方向の最も近い整数に丸められます。 たとえば、-6.7 は -7 に丸められます。

・0 または負の数値をモード引数として使用することにより、負の数値を丸める方向を変更することができます。 たとえば、基準値 1 およびモード -1 を使用して、-6.3 を 0 に向かう方向に丸めると、結果は -6 になります。

・基準値の引数により、指定された基準値の倍数で最も近い整数に切り捨てられます。 丸める数値が整数の場合は例外です。 たとえば、基準値が 3 の場合、数値は 3 の倍数で最も近い整数に切り捨てられます。

・数値を 2 以上の基準値で除算して余りがでる場合は、結果が切り捨てられます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!