EXCEL、数学/三角関数のLCM 関数

説明

複数の整数の最小公倍数を返します。 最小公倍数とは、引数 “数値 1″、”数値 2” などに指定されたすべての整数に共通する倍数の中で、最も小さい正の整数です。 LCM 関数は、分母の異なる分数の和を求める場合などに使用します。

書式

LCM(数値 1, [数値 2], …)

LCM 関数の書式には、次の引数があります。

・数値 1, 数値 2,… 数値 1 は必ず指定します。数値 2 以降は省略可能です。 最小公倍数を求める 1 ~ 255 個の数値を指定します。 整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

解説

・引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

・引数に負の値を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

・LCM(a,b) ≧ 2^53 の場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岩原正樹

最新記事 by 岩原正樹 (全て見る)

コメントはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!